医療用医薬品と一般の医薬品の違い

風邪薬といえば、ドラッグストアや一般の薬局などで買えます。
最近はコンビニでも買えるようになりました。
常備薬として置いている家庭もあるでしょう。
薬として売られているのでもちろん薬の成分が入っています。
副作用が出る可能性もありますし、用法はきちんと守らないといけません。
種類によって、効き方は異なるようです。
薬の中には、それ以外に医療用薬品があるとされています。
ドラッグストアで医療用薬品を売ってくださいと言っても販売はしてくれません。
こちらは、医師の処方箋が無いと買うことができない薬になります。
病気などで病院を受診し、その時に必要な薬を処方してもらいます。
その処方箋を持って、特定の薬局に行けば買うことができます。
風邪をひいたときは、処方箋によって医療用医薬品の風邪薬をもらえます。
違いとしては効き方です。
一般の薬は万人に効くようにしつつ、効果は緩やかです。
医療用医薬品は、その人の症状にぴったり合わせ、効き目は少し強めです。